ここから本文です

19年のブラジル就業者数、13年以来の大幅増

1/27(月) 11:37配信

ロイター

[ブラジリア 24日 ロイター] - ブラジル経済省の発表によると、2019年12月の就業者数は30万7311人減少したものの、通年では2013年以来となる大幅な雇用の伸びが見られた。

12月は通常、雇用が減る月とされる。昨年12月の数字はロイターのエコノミスト調査による予想中央値(32万人減)よりも小幅な減少にとどまった。

2019年通年の就業者数は64万4079人の純増と、前年の

52万9445人を20%超上回った。

季節調整済みでは、19年の就業者数は2013年に記録された112万人以来、最大となった。

経済省高官は記者団に対し、「経済が3%前後の成長を示せば、今年の新規雇用は100万人に達する公算が非常に大きい」と述べた。

政府の今年の予想成長率は2.4%、ロイター調査による市場予想は2.1%となっている。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)

最終更新:1/27(月) 11:37
ロイター

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ