ここから本文です

国内のタブレット市場は“iPadの独り勝ち”がより鮮明に BCN調べ

1/27(月) 14:41配信

ITmedia PC USER

 BCNはこのほど、2019年末における国内タブレット市場の調査結果を発表した。

 家電量販店およびネットショップの実売データを集計する「BCNランキング」によれば、2019年12月のタブレット端末市場ではアップルが販売台数で大きく躍進し、メーカー別シェアでは71.9%を獲得。この背景として、米中の貿易摩擦のあおりを受けてHuawei Technologiesのシェアが低下したことに加え、消費税増税後に第7世代のiPadが販売されたことが原動力になった、と同社は推測している。

【写真】販売台数の伸び率

 またタブレット市場そのものの拡大についても言及。販売台数の伸び率では、消費増税前の駆け込み需要にあたる19年9月に169.9%とここ2年で最も高い値を示した後、さらに12月まで2桁増を維持している。

ITmedia PC USER

最終更新:1/27(月) 14:41
ITmedia PC USER

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ