ここから本文です

香港、検疫施設に住民抗議 黒服集団が放火も

1/27(月) 17:09配信

共同通信

 【香港共同】新型コロナウイルスによる肺炎への対策を強化している香港政府が、未入居の公営住宅を改装し、感染者との濃厚接触者らを隔離する「検疫センター」にしようとしたところ、周辺住民が26日抗議活動を行った。これに乗じ黒服姿の集団が住宅に放火する騒ぎも起きた。政府は改装作業の一時中断を表明した。27日付の香港紙、明報などが報じた。

 政府は、濃厚接触者のうち肺炎の症状がある人は病院で隔離治療している。症状がない人はリゾート施設などを利用して設けた「検疫センター」で14日間の経過観察を行っている。

最終更新:1/27(月) 17:21
共同通信

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ