ここから本文です

全豪OP 練習コートNTC開放、ファンと選手の交流機会増やす<テニス>

1/27(月) 17:34配信

tennis365.net

全豪オープン

テニスの全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)は27日にナショナルテニスセンターを開放し、ファンと選手たちが交流できる機会を増やした。

【ナダルvsキリオス 1ポイント速報】

ナショナルテニスセンターでは選手たちが練習できるインドアとアウトドアのコート両方を兼ね備えており、プラクティス・ビレッジと呼ばれている。

大会が発行するAO DAILYには「全豪オープン2020で新しくなったプラクティス・ビレッジでは、テニスファンが世界のトップ選手たちに今まで以上に近づくことができる。試合へ準備している選手たちを見て、さらに彼らのサインをもらうこともできるだろう」と掲載されている。

この日観戦していた現地のテニスファンは「選手の練習の真後ろで見ることができて、勉強にもなる。R・フェデラー(スイス)らの人気選手がここで練習した時もいたけど、本当にたくさんのファンが見に来ていて大変だった」とtennis365.netのインタビューに応じた。

また、同日には会場の1つであるボール・パークで「Harry Potter and the Cursed Child」(日本語では「ハリー・ポッターと呪いの子」)のイベントが開催され、ガイトン・グラントレイ氏が登場した。

最終更新:1/27(月) 17:34
tennis365.net

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ