ここから本文です

メルカリが黒字化への懸念で急落! 日経平均株価は小反発

1/27(月) 7:20配信

LIMO

株式市場の振り返り-日経平均株価は小反発、新型ウィルス肺炎への懸念強く模様眺め

2020年1月24日(金)の主要指標(カッコ内は前日終値比)

 ・日経平均株価 23,827円(+31円、+0.1%) 小反発
 ・TOPIX 1,730.4(▲0.06、▲0.00%) ごくわずかに続落
 ・東証マザーズ株価指数 869.4(▲10.2、▲1.2%) 3日続落
東証1部上場銘柄の概況

 ・値上がり銘柄数:524、値下がり銘柄数:1,536、変わらず:99
 ・値上がり業種数:13、値下がり業種数:20
 ・昨年来高値更新銘柄数:70、昨年来安値更新銘柄数:29
東証1部の出来高は9億6,545万株、売買代金は1兆8,103億円(概算)となり、いずれも前日より減少しました。

米国株式相場が不安定なことに加え、来週から本格化する決算発表(主に3月期決算企業のQ3累計決算)を控えて、様子見スタンスの投資家が多かったようです。

また、新型肺炎に対する警戒心も根強かったと見ていいでしょう。売買代金は5日連続で2兆円を下回る薄商いとなりました。

そのような中、日経平均株価は方向感に乏しい値動きとなりました。

前日の下落の反動もあり、前場の序盤に一時+73円高となりましたが、前場の半ばにはマイナス圏へ沈み、後場寄り直後には一時▲40円安まで下落する場面も見られました。その後は再びプラス圏へ浮上し、最後は小反発で引けています。

なお、TOPIXも同じような値動きでしたが、最後はわずかの差でプラス圏へ浮上できずに続落となりました。ただ、ほぼ横ばいだったと見てよさそうです。

東証マザーズ株価指数は3日続落、売買代金は5日連続で1,000億円割れ

東証マザーズの出来高は7,954万株、売買代金880億円となりました。出来高は前日より減少しましたが、売買代金は小幅増加となっています。

個人投資家の資金移動が明らかに一巡し、出来高・売買代金ともに再び閑散状態に近づきつつあります。売買代金は5日連続で1,000億円の大台を割り込みました。

また、株価指数も▲1%超安の3日続落となり、900ポイント台回復がやや遠のいた形です。

1/2ページ

最終更新:1/27(月) 7:20
LIMO

チャート

TDK6762
11430円、前日比+100円 - 2/20(木) 13:06

チャート

信越化学工業4063
13700円、前日比+145円 - 2/20(木) 13:06

チャート

リクルートホールディングス6098
4538円、前日比-15円 - 2/20(木) 13:06

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事