ここから本文です

神戸が元バルセロナの元スペイン代表FWペドロにオファーか

1/27(月) 11:40配信

超WORLDサッカー!

ヴィッセル神戸に新たな“バルセロナ”戦士が到着か。ポルトガル『Noticias ao Minuto』がスペイン『ムンド・デポルティボ』の情報をもとに報じた。

【動画】ペドロ、チェルシーでの輝き

2019シーズンの明治安田生命J1リーグでは8位に終わったものの、天皇杯を制して2020シーズンのAFCチャンピオンズリーグ(ACL)出場権を獲得した神戸。

“バルセロナ化”を掲げチーム作りをしている神戸は、元バルセロナのMFアンドレス・イニエスタ、FWダビド・ビジャ、MFセルジ・サンペール、DFトーマス・フェルマーレンを擁していた。

しかし、ビジャが昨シーズン限りで現役を引退。バルセロナとは縁がないものの、元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキも退団し、戦力確保に動いている。

そんな中獲得に動いているのが元バルセロナ戦士とのこと。チェルシーに所属するFWペドロ・ロドリゲス(32)のようだ。

ペドロは2015年8月にバルセロナからチェルシーへと完全移籍で加入。これまで公式戦195試合に出場し42ゴール27アシストを記録。プレミアリーグ、FAカップ、ヨーロッパリーグでそれぞれ1度優勝している。

しかし、チェルシーとの契約は2020年6月30日までとなっており、今夏でフリーになるとみられている。『ムンド・デポルティボ』によると、ペドロはオファーを考慮しているとされ、神戸からのオファーも受けているようだ。

チェルシーとの契約が切れれば、ヨーロッパでのキャリアが終わる可能性もあるペドロ。本人はヨーロッパでのプレーを希望しているとされ、日本行きの可能性は少ないとみられている。しかし、あくまでも現時点でだ。

ペドロには、ラ・リーガのセビージャからもオファーが来ている状況。国外クラブとは夏の移籍に向けての交渉も可能であり、移籍の可能性も高まっている。

今シーズンはフランク・ランパード監督の下、出場機会が大きく減少。プレミアリーグで5試合、チャンピオンズリーグで2試合、FAカップ、カラバオカップ(ELFカップ)でそれぞれ2試合に終わっている。果たして、日本にくることはあるだろうか。

超WORLDサッカー!

最終更新:1/27(月) 11:40
超WORLDサッカー!

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ