ここから本文です

新型コロナウイルス感染拡大で各種イベントが中止。F1中国GPへの影響に懸念

1/27(月) 8:27配信

オートスポーツweb

 新型コロナウイルスによる肺炎の流行が、4月のF1中国GP開催に影響する可能性が懸念されている。

2019年F1中国GPで上海インターナショナルサーキットを走行するバルテリ・ボッタス(メルセデス)

 2019年12月から、中国湖北省武漢市を中心に新型コロナウイルスによる肺炎が流行、人から人に感染する可能性があることも明らかになり、中国国外での患者発生も増えつつある。1月末、中国政府は、感染拡大防止のため、国内・海外への団体旅行を禁止することを決め、首都北京では大勢の人々が集まるイベントが中止された。

 また、中国の国家体育総局が4月まですべてのスポーツイベントを中止・延期するという決定を下したと伝えられたため、4月17日から19日に上海インターナショナルサーキットで開催される予定のF1第4戦中国GPへの影響が懸念されている。FIAとF1は現時点でスケジュール変更等について言及していないが、今後の新型肺炎拡散の状況を見守っていくものと考えられる。


[オートスポーツweb ]

最終更新:1/27(月) 8:59
オートスポーツweb

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ