ここから本文です

東京都教育委員会、15歳以上の教育モニター募集2/3-28

1/28(火) 16:45配信

リセマム

 東京都教育委員会は2020年2月3日午前10時から2月28日午後5時まで、都民の教育行政についての意見・要望などを聴取し、事業運営の参考にするため、2020年度(令和2年度)東京都教育モニターを募集する。募集人員は100名。Webサイトの応募専用フォームにて受け付ける。

関連画像を見る

 東京都教育モニターの応募資格は、「都内に居住する年齢満15歳以上(2020年4月1日現在)」「教育モニターの業務を日本語でできる」「個人のEメールアドレス(フリーメールのアドレスを除く)を有し、パソコン・スマートフォン(従来型の携帯電話を除く)から、インターネットによるWebサイトの閲覧およびEメールの送受信ができる」「教育に関心があり、協力の意志を持っている」という要件をすべて満たす者。ただし、国会議員および地方議会議員、常勤の国家公務員および地方公務員、2019年度(平成31年度)に東京都教育モニターを経験した者は対象外となる。

 おもな業務は、都立学校授業参観、小・中学校道徳授業地区公開講座の参観、教育の日推進事業への参加、および報告書の提出。年2・3回程度のインターネットによるアンケートへの回答、教育に関する意見・要望の提出など。任期は、委嘱の日(2020年4月下旬予定)から2021年3月31日まで。授業参観などに要する交通費、使用する機器類に係る費用やインターネット接続に係る費用などはモニターの自己負担となる。

 応募は2月3日午前10時から2月28日午後5時まで、東京都教育委員会Webサイトの応募専用フォームにて受け付ける。必要事項および「教育について私が考えること」(200字程度)を記入のうえ申し込む。応募者の中から、年齢・性別・職業などの構成を考慮し、応募時に提出された「教育について私が考えること」を参考に選考する。結果は4月下旬に通知予定。採用された教育モニターには、業務によって図書カード1,000円分などの謝礼が進呈される。

《リセマム 外岡紘代》

最終更新:1/28(火) 16:45
リセマム

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事