ここから本文です

設楽悠「5分台なら五輪辞退」発言に瀬古リーダー「五輪終わったら好きなように」東京マラソン

1/28(火) 14:58配信

デイリースポーツ

 東京マラソン財団は28日、東京五輪代表残り1枠を争うMGCファイナルチャレンジを兼ねて行われる東京マラソン(3月1日、東京都庁発~東京駅前着)のエントリー選手を発表し、日本記録保持者(2時間5分50秒)の大迫傑(28)=ナイキ=、日本歴代2位の記録(2時間6分11秒)を持つ設楽悠太(28)=ホンダ=、同5位(2時間6分54秒)を持つ井上大仁(27)=MHPS=が名を連ねた。

【写真】設楽は双子だった!そっくりの兄・啓太と走る!走る!

 今回の東京マラソン、翌週のびわ湖毎日マラソンの残り2大会で、大迫の持つ2時間5分50秒を基準とした2時間5分49秒を突破した日本人最速選手が五輪代表に内定。突破者がいない場合は昨秋のMGC(マラソン・グランドチャンピオンシップ)で3位だった大迫が代表となる。

 会見には設楽悠が登場。先日、仮に設定記録を突破しても、「5分台なら五輪辞退」「東京マラソンが国内で走る最後のマラソン」を表明し波紋を呼んだ男は、「2時間5分49秒が一つのターゲット。その先に4分台がある」と辞退うんぬんには言及せず。ただ、「日本人同士で争ってもしょうがない」と、日本ラストマラソンとなる可能性については否定しなかった。

 来賓として登場した日本陸連の瀬古利彦リーダーは「彼に我々の常識は通用しない」としつつ「オリンピックが終わったら、好きなようにすればいいから」と懇願していた。

最終更新:1/28(火) 17:36
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事