ここから本文です

カンテレ・竹上アナ 脚本・監督作で主演まで! 石原さとみのはずが…

1/28(火) 16:42配信

デイリースポーツ

 カンニング竹山(48)が関西テレビのアナウンス局長に扮(ふん)し、アナウンサーに無茶な指令をするドキュメントバラエティー「カンテレアナウンサー 真冬の挑戦SP(仮)」(2月23日、深夜1・00)の会見が28日、大阪市の同局で行われ、1時間の番組内で放送されるドラマ「雨のちヒーロー」の脚本、監督、主演を竹上萌奈アナウンサー(27)が担当することが発表された。

【写真】主演を務めるカンテレの竹上萌奈アナ

 入社5年目で「報道ランナー」「千原ジュニアの座王」などに出演する竹上アナは、脚本の書き下ろしを指示され、ヒロインは人気女優が演じ、撮影は著名監督が手がけると聞いていた。ところが、約1カ月間で脚本を完成させて臨んだこの日、監督&ヒロイン(川島壮雄アナとダブル主演)も務めるとサプライズで明かされ、「エッ、ウソでしょう」と仰天した。

 突然の“三刀流”チャレンジに、竹上アナが「アナウンサーを5年やって、話すことはむいてないと思っていた。書くことはほめていただくことが多いので、(脚本を)やってみようと思ったら…」と本音を明かすと、竹山が「アナウンサーにむいてないって言ってるから(監督&主演は)大チャンス。地上波に名前が出る」と激励。竹上アナは「不安ですけど、後には引けない」と前を向いた。

 在阪テレビ局の報道記者・雨宮空(川島アナ)と幼なじみの南雲時雨(竹上アナ)が、中学卒業以来、14年ぶりに大阪で再会して展開されるラブストーリー。ヒロインに石原さとみ(33)を思い描き、「きょう(の発表)をニヤニヤして待ってた」という竹上アナは、時雨が風俗店勤務という設定も告白。「体のラインが出るボディスーツもNG」という厳しいアナウンス部規定もあるが、「制約がある中で面白くできるか挑戦したい」と気合を込めた。

 番組ではほかに、アナウンサーの素顔を暴露するコーナーや、「噛んだら終わり!走れメロス朗読リレー」などが行われる。

最終更新:1/28(火) 16:49
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事