ここから本文です

未来の利益は票にならない?! 選挙ドットコムちゃんねる #10-1

1/28(火) 18:07配信

選挙ドットコム

今回の選挙ドットコムちゃんねるは、前回お休みだった松田さんが登場しいつもの3人でお届けします。
定番コーナーの「選トピ」で最新の選挙情報をお伝えするほか、ついに始まった第201回通常国会で気になるポイントについて、いくつかピックアップ!

すると「現世利益」なる、聞きなれない選挙用語まで飛び出して、立候補する政治家はもちろん、今後の国の方向性や自分たちの生活をその政治家に託す私たち有権者の投票時の姿勢についてまで話が広がっていきました。
「将来のためにも、選挙に行かなくちゃ!」と考えさせられるトークは必見です!
ではダイジェストでその内容をお伝えしていきましょう。

松田氏は、思わず正座して見た!

乙武 「前回は松田さんがお休みだったから、JX通信社の米重さんが出演してくださったんですよ。何してたんですか?」

松田 「あっはっははは」

乙武 「初回からずーっと出てきて、松田さんの予想をもとにした議席予測の回だけ来ないなんておかしいでしょ! 逃げた?」

松田 「お、おかしいですね。いや別にあの逃げたわけじゃなくてですね」(笑)

乙武 「ホント? タイミング良すぎでしょ!」

松田 「もともと僕、毎回出るっていうお話じゃなかったんですよ。選挙ドットコムのジャイアンみたいな社長さんに『松田さん、月1くらいでいいから』って言われてたのに、気が付いたらなんか毎回出てるなって」

乙武 「まあ前回は、米重さんをゲストに迎えて松田さんの予想を見ていったんだ。番組的には松田さんの予想をメッタ斬りしてもらったほうが盛り上がったんだけどさ、意外に高評価でしたよ」

松田 「そうなんですよね。もう、ドキドキしながら番組見ました。『欠席裁判』とか言われてるし、どうしようって思ったら……米重さん、いい人だなあって思いましたね」(笑)

乙武 「でもなんかヨイショしている感じじゃなくて『選挙の予測をされる方は、名前だけ見てテキトーに丸つける人も多い中、松田さんはきちんと数字をもとにして分析されているので、私がやってもそう遠くない予測になると思います』っておっしゃってた」

松田 「ありがとうございます、米重さん! たしかに彼と私の予測は似てるとは思います。過去の選挙結果をもとに数字の積算で見ていくという予測の仕方をしているので。

各陣営の動きとか人間関係とかだけでは予測しないという点では、米重さんの手法と共通していると思います」

千葉 「すごいですよね。一つ一つ選挙区全部を予測していくのって」

松田 「289の選挙区に一つの選挙区あたり5分以上は時間をかけて、じっくり予測を立てていくので、年末の12月20日くらいから作業を始めたんですけど、年末年始ずーっとかかりっきりになってやってました。

発表した予測については、いろいろとご批判もあると思うんですが、予測してほしいと雑誌社の方に依頼されても、現時点ではまだ誰が立候補するかさえきちんと決まっていないので『そりゃちょっとできないですよ』っていう感じではあったんです。

でも、現段階で僕なりに仮定というか条件を細かく設定して予測を立てたわけです。『全選挙区で野党間の選挙区調整がついて、野党が合流して、共産党がほとんどの選挙区で候補者を立てない』というような、野党にとって理想的な状況になったらどうなるか、という予測をしてみたわけです。

ただ実際の選挙になれば、僕が仮定した環境に近いものになるのではないかと思うので、一定の正確性についてはきちんと考えてやりました、ということです」

乙武 「なるほどね」

松田 「でも番組はすごくドキドキしながら見ましたよ。あ~自分が出てないとこんな感じなんだぁって思って。正座して見ました」(爆笑)

千葉 「松田さんの衆議院選議席予想をまだ見ていらっしゃらない方は、前回の放送をぜひご覧ください!」

1/5ページ

最終更新:1/28(火) 18:07
選挙ドットコム

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ