ここから本文です

間もなく花粉症需要も…『国産マスク』新型肺炎で“爆売れ” 外国人観光客のまとめ買いで品薄に拍車

1/28(火) 22:30配信

東海テレビ

マスクの製造メーカーは生産体制がフル稼働に…

 感染の拡大が続く新型コロナウィルス。対策としてうがいや手洗いに加えて重要なのがマスクですが、ドラッグストアでは品薄状態になってきています。

国内でどう移動?…新型肺炎4例目・愛知で入院中の中国人感染者 同じツアーの参加者は“旅行継続”

 背景には海外からの旅行客が日本で大量にマスクを買い求め、需要に拍車がかかっていることがありますが、そこにはある理由がありました。フル稼働するマスク工場と合わせて取材しました。

 28日朝の名古屋駅前。街ゆく人の顔にはマスクが…。

女性:
「愛知で新型コロナが発症したと聞いて、怖くて予防のためにつけています。ストックは5枚くらいしかないかな。」
別の女性:
「今は行きつけの薬局に行っても売り切れです、売り切れ」

 新型肺炎の影響で品薄状態が続くマスク。1月24日、名古屋のドラッグストアでは…。

ドラッグストアの担当者(1月24日取材):
「山積みにしていたんですが、補充をしてもどんどん減っています。(販売戸数は)通常1日100個くらいですが、3日前で500個、2日前で800個、昨日にいたっては1100個と、どんどん販売数が伸びています」

 普段の10倍以上の勢いで売れていると言います。この日もマスクを「箱買い」する人の姿がありました。

女性客:
「ネットでいつも買うんですけど、そこでも売り切れがあるみたいで。しばらくは(ストックが)あるんですけど念のため」

 こうした品薄状態に拍車をかけているのが、外国人旅行客によるまとめ買い。

この店では、購入者の実に8割以上が海外からの観光客で、しかも特定のマスクに人気が集中しているといいます。

台湾から来た観光客:
「日本製のものはあまり買えないから、日本に来たら日本製の物を買いたくて。友達にも頼まれています。肺炎はすごく心配で、みんなとてもビクビクしています」

 品質の優れた日本製のマスクは、海外での流通が限られているため、日本に来た観光客がまとめて購入するケースが多いのです。

 名古屋市天白区にあるマスクメーカーの「ヨコイ」では、2ラインでフル稼働で製造しています。(1月24日取材)

1/2ページ

最終更新:1/28(火) 22:30
東海テレビ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事