ここから本文です

スマホはワンオペ育児の救世主?「スマホ育児」のメリット・デメリットとは

1/28(火) 11:45配信

LIMO

昔と今ではさまざまなことが大きく変化していますが、子育ての仕方も時代によって変わってきています。

2020年1月、香川県議会に提示されたスマホやゲームなどの利用制限をする素案「香川県ネット・ゲーム依存症対策条例案」は大きな話題となり、様々な議論をよびました。その後、1日(平日)60分以内とした利用時間は「ゲームのみ」にするなど、修正した案を正式に決定しました。

スマートフォン(スマホ)やタブレットが発達した現代では、育児に上手に活用しているおうちも増えています。しかしスマホやタブレットを活用したスマホ育児はいろいろなメリットがある反面、デメリットもあります。

そこで今回は、スマホ育児のメリット・デメリットなどについてまとめました。

スマホ育児エピソード

・我が家はワンオペ育児で、まだ小さな子どもを育てながら家事をすべて1人でこなさなければいけません。その日のうちに終わらせなければいけないことがたくさんあり、子どもばかりに気をかけている余裕がありませんでした。しかし、スマホを子どもに見せている間はおとなしく座っていてくれるので、その間にいろいろできて助かっています。

・子どもにタブレットで動画を見せていると、静かにしていてくれるのでその間に家事をしていました。しかし、頻繁にタブレットを与えていると依存してしまうのでは? と思い、我が家では時間を決めていたのです。最初のうちは時間を守っていてくれたのですが、最近はタブレットを手放さなくなってしまい、駄々をこねるようになってしまいました。

・人の多い場所や公共交通機関などで子どもが泣いたり騒いだりしないように、そういった場所にいるときはスマホで動画を見せるようにしています。ある日、いつものように子どもに動画を見せていたら見知らぬ年配の方から「スマホなんかに頼らないで親なんだから子どもの世話ぐらいしたら?」と言われました。動画を見せているとおとなしいけれど、取り上げてしまったらぐずってしまい、そうすると今度は「静かにさせられないの?」と言われてしまうのがこわいです。

1/2ページ

最終更新:1/28(火) 11:45
LIMO

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ