ここから本文です

ラ・リーガが人種差別チャントを非難…ビルバオFWイニャキ・ウィリアムズが被害に

1/28(火) 15:10配信

超WORLDサッカー!

ラ・リーガが、アスレティック・ビルバオの元スペイン代表FWイニャキ・ウィリアムズに対する人種差別チャントを非難した。スペイン『マルカ』が報じた。

25日、ラ・リーガ第21節でエスパニョールと対戦したビルバオ。その試合中、イニャキ・ウィリアムズに対し人種差別的なチャントが歌われていた。

チャントが発生したのはイニャキ・ウィリアムズが途中交代した69分。エスパニョールファンが約10秒間にわたって、サルを思い起こさせる音を模倣していた。

ラ・リーガは、この件に関して、RFEFの競技委員会と反暴力委員会へ苦情のレターを送ったとのこと。この件を受け、エスパニョールは人種差別チャントを非難しながら、事件の調査に乗り出すことを明かした。

超WORLDサッカー!

最終更新:1/28(火) 15:10
超WORLDサッカー!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ