ここから本文です

猟師の間で「肌にいい」と話題、イノシシ脂100%の保湿バーム販売 赤ちゃんにも使える

1/28(火) 17:12配信

佐賀新聞

 イノシシ肉のソーセージを販売する佐賀市の食品卸売業「鶴商興産」は、イノシシ脂を使った保湿バームを販売している。代表取締役の坂本竜一さん(38)は、イノシシの有効活用で「価値を高めたい」と話し、農地や農作物などの鳥獣被害の縮小につなげる試み。

 商品は「ボアボアビューティーバーム」で、県産イノシシ脂を100%使用している。無添加、無香料で口や鼻に入っても安全のため、赤ちゃんにも使えるという。昨年10月に販売を始め、販売個数は200個を超えた。製造は、馬油やイノシシ脂の保湿オイルなどを手掛ける佐賀市の忠兼総本社が担い、パッケージデザインは佐賀市の日本画家大串亮平さんが描いた。

 坂本さんは、猟師の間で「肌にいい」とされているイノシシ脂のほとんどが捨てられている現状を解決したいと考えていた。保湿バームで新たな層の消費を促し価値が高まることで「鳥獣被害を取り巻く環境の改善につながれば」と話す。

 ハーブとかんきつ系の香りを加えた保湿バームを新たに試作し、3月ごろの商品化を目指している。「いろいろな角度でアプローチして、ジビエに興味を持ってもらいたい」と意欲を見せる。価格は税別2100円。問い合わせは同社、電話0952(37)5729。

最終更新:1/28(火) 17:12
佐賀新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ