ここから本文です

ミキ・昴生 ドラマの演技が「ほぼミキ・昴生」と亜生にいじられる

1/29(水) 16:52配信

デイリースポーツ

 若手芸人の新たな育成拠点となる「神保町よしもと漫才劇場」が29日、東京・神保町にオープン。同日行われた会見に、お笑いコンビ「中田カウス・ボタン」の中田カウス(70)、ミキやアインシュタインなど歴代の上方漫才協会大賞受賞者、14組の若手芸人が登場した。

【写真】ミキ・昴生“芸人魂”…ドラマの上映会でもツッコミ続ける

 ミキは先日、カウスが会長を務める上方漫才協会主催「第5回上方漫才協会大賞」を受賞したばかり。亜生(31)は「大賞を取ったから兄ちゃん(昴生)のドラマが決まった」と、兄・昴生(33)が出演中のTBS系ドラマ「恋はつづくよどこまでも」をPRした。

 関西弁でナースステーションのムードメーカーの看護師を演じる昴生は、ドラマのワンシーンを再現することに。昨日28日に放送された第3話から自身のセリフを披露したが会場は微妙な空気になり、亜生は「ほぼミキ・昴生でやっている」と劇中でも“素”に見えることをいじっていた。

最終更新:1/30(木) 10:55
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ