ここから本文です

豪栄道、引退「武隈」襲名で38年ぶり1大関に

1/29(水) 6:00配信

スポーツ報知

 日本相撲協会は28日、大関・豪栄道(33)=境川=の現役引退と年寄「武隈」の襲名を発表した。引退会見は29日に行う。今後は境川部屋付きの武隈親方として後進を指導する。自身9度目のカド番だった初場所で負け越し、関脇への陥落が決まっていた。大関のまま引退するのは2011年名古屋場所の魁皇以来。通算成績は696勝493敗66休で、大関在位33場所は歴代10位だった。

【写真】貴景勝の母が「ありえない美人」と話題沸騰

 春場所(3月8日初日・エディオンアリーナ)の大関は貴景勝(千賀ノ浦)だけとなり、1大関は1982年初場所の琴風(現・尾車親方)以来、38年ぶりとなる。

 また、出身地の大阪・寝屋川市はこの日、ふるさと大使も務めていた武隈親方に対し、初の「市民栄誉賞」授与を検討すると発表した。

報知新聞社

最終更新:1/29(水) 9:02
スポーツ報知

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事