ここから本文です

「ONE PIECE」実写ドラマはNetflixにて全10話で放送、尾田栄一郎も参加

1/30(木) 5:00配信

コミックナタリー

尾田栄一郎原作による実写ドラマ版「ONE PIECE」が、Netflixにて全10話で独占配信されることが決定した。

【写真】「ONE PIECE」英語版1巻(メディアギャラリー他2件)

2017年に製作が発表された「ONE PIECE」の実写ドラマ。このたび尾田がエグゼクティブプロデューサーとして参加することが明らかに。尾田は「シーズンI 10話でストーリーがどこまで進むのか。配役はどうなるの!? もう少しお待ちください。そしてご期待ください!!」とコメントを寄せた。

Netflixオリジナルシリーズ「ONE PIECE」には「プリズン・ブレイク」などを手がけたプロデューサーのマーティ・アデルスタインが率いるトゥモロースタジオも参加。これまでに「ルーク・ケイジ」「エージェント・オブ・シールド」の脚本を手がけてきた、「ONE PIECE」の大ファンでもあるマット・オーウェンズが脚本を担当し、マットやマーティのほかスティーブ・マエダ、ベッキー・クレメンツらもエグゼクティブプロデューサーを務める。

■ 尾田栄一郎コメント
2017年に製作を発表したんですけど時間かかるのよいろいろ! 水面下でずーっとじわじわ準備が進んでます。そして今回これを発表していいそうです。あの世界一の動画配信サービスNetflixが大きく力を貸してくれる事になりました! 心強い!! シーズンI 10話でストーリーがどこまで進むのか。配役はどうなるの!? もう少しお待ちください。そしてご期待ください!!

最終更新:1/30(木) 5:00
コミックナタリー

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事