ここから本文です

クジラの魅力伝える 奄美大島 興さん空港で写真展

1/30(木) 13:01配信

南海日日新聞

 鹿児島県奄美市名瀬の自然写真家、興克樹さん(49)の写真展「魅惑の座頭鯨」が同市笠利町の奄美空港1階で開かれている。奄美クジラ・イルカ協会の会長でもある興さんは「クジラの魅力と、クジラを奄美で観察できることを知ってほしい」と話している。展示は2月16日まで。

 作品はザトウクジラのブリーチング(ジャンプ)やブロー(息継ぎ)などの瞬間をとらえた29点。昨年1~3月に奄美大島近海で撮影したものを中心に展示した。

 興さんは「クジラは毎年冬季に繁殖のため奄美・沖縄に来遊する。笠利町では奄美空港周辺やあやまる岬など陸側からも観察できる」などと話した。

奄美の南海日日新聞

最終更新:1/30(木) 13:01
南海日日新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ