ここから本文です

信号のない横断歩道で一時停止しない車 一時停止率全国ワーストの三重県で警察が実態調査も“危機的な状況”

1/30(木) 14:03配信

中京テレビNEWS

 ある交通ルールを守らないと指摘された三重県で、警察もショックを受ける調査結果が出ました。

 三重県津市の、とある横断歩道…

「なかなか車が止まりませんね。渡ろうとしているんですが、2台目も止まりません…3台目も止まりません」(記者)

 歩行者が渡ろうとする横断歩道で、一時停止しない車。実はこれ、三重県が抱える大きな問題のひとつ。

 実は、横断歩道にはこんな危険が…

 画面の右から自転車が道路を横断しようとすると、左側から車が。あわや大惨事になるところでした。

 さらに、女の子が横断歩道を半分ほど渡った次の瞬間、追い越してきた軽トラックが突進。女の子は慌てて歩道に戻りました。

 大きな事故につながりかねない、横断歩道の一時停止違反。

 2019年、JAFが発表した「信号のない交差点での自動車の一時停止率」で、三重県は全国ワーストという結果に。

 津駅前で街の人たちに話を聞くと…

「結構止まってくれないですね。あきらめて横断歩道の信号のあるところまで移動する」
「渡っている最中に車が猛スピードで来ることがありますね」(三重県民)

 JAFの結果を受け、三重県警が2019年12月に独自で調査を開始。

「県内18警察署で2か所ずつ、小学校・中学校の通学路に設置されている横断歩道で調査を実施しました」(三重県警 交通企画課 森本誠警部)

 調査方法は、私服の警察官が信号のない横断歩道を50回横断するまでに車が何台通過するかを計測するというもの。その結果は…

「8割の車が止まらないというのは、かなり危機的な状況だと考えております」(三重県警 交通企画課 森本警部)

 三重県警調べによると、三重県内の平均の停止率は20.7%、最も停止率の低い横断歩道では5.5%。なんと18台のうち1台だけが止まるという結果に。

 信号のない横断歩道で歩行者などが渡ろうとしている場合、車は一時停止をすることが法律で定められています。

 三重県警は取り締まりと広報活動を積極的に行うとしていますが一時停止する車は増えるのでしょうか。

中京テレビNEWS

最終更新:1/30(木) 14:33
中京テレビNEWS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ