ここから本文です

激動の昭和にロータリーが誕生!? 100周年のマツダの名車5選

1/30(木) 6:10配信

くるまのニュース

マツダが「モノづくりへの情熱」から生み出した昭和の名車

 マツダは2020年1月30日に創立100周年を迎えました。実質的な創業者の松田重次郎を常に動かしたのは、モノづくりへの情熱です。

【画像】記念すべきマツダの1号車!マツダ号「DA型」(21枚)

 1920年に広島市でコルクを生産する「東洋コルク工業株式会社」に参画するかたちで創業。1923年の関東大震災によって輸送手段として自動車に注目が集まるなか、重次郎が着目したのは3輪トラックでした。

「国民生活の向上と我が国の発展に貢献したい」との考えから、高価な4輪自動車ではなく、多くの人が気軽に使える量産型の3輪トラックのマツダ号「DA型」を1931年に発売。

 原子爆弾が投下された1945年には本社施設の一部を広島県に貸与し、県庁の全機能が設置されるなど、戦後の復興にも貢献しました。

 そして、初の小型4輪トラック「CA型」を1950年に発売。時代の流れに乗るように、1960年には初の量産型乗用車である「マツダR360クーペ」を発売し、その後はロータリーエンジンを搭載した自動車を量産したことは周知の事実です。

 そこで、マツダが昭和の時代に発売した名車を5車種ピックアップして紹介します。

●Tシリーズ

 前述のとおり、マツダの自動車製造は小型3輪トラックから始まりました。第二次大戦後はオート3輪と呼ばれる小型トラックへの需要が高まり、個人商店を中心に普及していきます。

 そして、さらに輸送需要が高まると3輪トラックも大型化していき、マツダは1957年に「丸ハンドル+完全鋼製キャビン」を採用し、空冷エンジンを搭載した「HBR/MBR型」を発売。

 1959年には、荷台長2.38mで水冷4気筒エンジンを搭載しフロントブレーキを装備した「T1100」に、主力が引き継がれました。

 1962年の法改正で小型車枠が拡大したことに伴って、エンジンの排気量を2リッターに拡大し最高速度100km/hとされた「T2000」が発売されます。

 T2000は荷台長が4080mmある大型のトラックでしたが、最小回転半径5.93mと3輪の特徴である小回りが可能だったため、とくに都市部で高く評価されます。

 また、もうひとつの3輪ならではの特性として、片側の駆動輪が浮くことが少なく悪路に強いというメリットがありました。

 しかし、世の中は高速時代に突入し、3輪自動車のデメリットの方が浮き彫りになり、価格も4輪トラックに近くなったため、1970年代になると急速に淘汰され、Tシリーズも1974年に生産を終了しました。

 Tシリーズはバリエーションが豊富で長く販売されたこともあり、現存数が多く、現在でも旧車イベントなどで見かけることがあります。

1/3ページ

最終更新:1/30(木) 8:49
くるまのニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ