ここから本文です

アップル株が最高値、iPhone好調で「あっと言わせた」四半期

1/30(木) 5:37配信

Bloomberg

(ブルームバーグ): 29日の米株式市場でアップルの株価が一時3.2%上昇、日中ベースの過去最高値に達した。前日発表の10-12月(第1四半期)決算は、アナリストの間で高まっていた「iPhone(アイフォーン)」需要継続への楽観を裏付ける内容だった。

同社の中国での成長と1-3月(第2四半期)見通しをアナリストは特に高く評価した。アップルは、新たな低価格アイフォーンや次世代通信規格5G対応モデルを年内に投入するとも報じられている。一方、サービス部門の業績がやや期待外れとなった。中国で発生した新型コロナウイルスを巡る不透明感を理由に、同社は今四半期の業績予測レンジを通常より広く設定した。

一部アナリストの反応は以下の通り。

マキシム・グループ、ネハル・チョクシ氏

JPモルガン、サミク・チャタジー氏

BofAメリル、ワムジ・モハン氏

クレディ・スイス、マシュー・カブラル氏

原題:Apple Shares Hit Record as IPhone Delivers ‘Wow Quarter’ (1)(抜粋)

(c)2020 Bloomberg L.P.

Kit Rees, Joe Easton, Ryan Vlastelica

最終更新:1/30(木) 5:37
Bloomberg

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ