ここから本文です

【ブンデス第20節プレビュー】首位ライプツィヒvs3位ボルシアMG開催!

1/31(金) 18:00配信

超WORLDサッカー!

前節行われたバイエルンvsシャルケの上位対決はバイエルンが5発圧勝する結果となった。そして首位ライプツィヒが敗れたことでバイエルンが1ポイント差に迫っている。迎える第20節、首位ライプツィヒと3位ボルシアMGの上位対決が開催される。

フランクフルトにシャットアウト負けし、リーグ戦10試合ぶりの黒星を喫した首位ライプツィヒ(勝ち点40)。フランクフルト戦ではFWシックを最前線に配置する[3-4-3]が機能しなかったが、ボルシアMG戦ではFWヴェルナーと2トップに戻すことが濃厚。上位対決を制し、首位キープとなるか。

一方、マインツにFWプレアのドッペルパックで3-1と逆転勝利した3位ボルシアMG(勝ち点38)は、リーグ戦3試合ぶりの勝利を飾り、悪い流れを断ち切った。首位ライプツィヒを下し、一気に順位逆転となるか。

2チームが潰し合う中、2位バイエルン(勝ち点39)は15位マインツ(勝ち点18)とのアウェイ戦に臨む。シャルケ戦では上位対決ながら実力差をまざまざと見せ付けたバイエルン。攻撃陣が絶好調な中、リーグ戦6連勝として首位奪還となるか。

デビュー戦ハットトリックを決めたFWハーランドがドッペルパックの活躍を見せて、好調ケルンに5-1と圧勝した4位ドルトムント(勝ち点36)は、11位ウニオン・ベルリン(勝ち点23)とのホーム戦に臨む。デビューから2戦で5ゴールと最高のスタートを切ったハーランドはウニオン戦でもゴールを奪えるか。

MF長谷部とMF鎌田がベンチに戻ってきた9位フランクフルト(勝ち点24)は、首位ライプツィヒを下す番狂わせを起こした。そのフランクフルトは最下位デュッセルドルフ(勝ち点15)とのアウェイ戦で後半戦再開後3連勝を目指す。長谷部と鎌田に出場の機会は訪れるか。

最後にFW大迫が途中出場したものの、ホッフェンハイムに完敗した16位ブレーメン(勝ち点17)は、12位アウグスブルク(勝ち点24)とのアウェイ戦を戦う。ホッフェンハイム戦では1点ビハインドの中、投入された大迫は見せ場なくチームも失点を重ね、0-3と完敗に終わってしまった。引き続き、ベンチスタートが濃厚な大迫だが、途中出場で結果を残してスタメン奪還へ序列を覆せるか。

◆ブンデスリーガ第20節
▽1/31(金)
《28:30》
ヘルタ・ベルリン vs シャルケ

▽2/1(土)
《23:30》
ホッフェンハイム vs レバークーゼン
デュッセルドルフ vs フランクフルト
アウグスブルク vs ブレーメン
マインツ vs バイエルン
ドルトムント vs ウニオン・ベルリン
《26:30》
ライプツィヒ vs ボルシアMG

▽2/2(日)
《23:30》
ケルン vs フライブルク
《26:00》
パーダーボルン vs ヴォルフスブルク

超WORLDサッカー!

最終更新:1/31(金) 18:00
超WORLDサッカー!

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

あなたにおすすめの記事