ここから本文です

アップルとBroadcomに計1200億円の賠償命令--米大学の特許侵害で

1/31(金) 11:45配信

CNET Japan

 AppleとBroadcomが特許を侵害したとしてカリフォルニア工科大学に訴えられていた裁判で、裁判所は両社に計11億ドル(約1200億円)の損害賠償を命じた。

 Reutersが報じているように、カリフォルニア州中部地区米連邦地方裁判所の裁判官が支払いを命じた金額の内訳は、Appleが8億3780万ドル(約910億円)、Broadcomが2億7020万ドル(約290億円)。

 カリフォルニア工科大学は2016年、「iPhone」「iPad」「Apple Watch」といったApple製品に組み込まれているチップなど、Broadcom製の部品について、同大学が保有する無線技術のさまざまな特許を侵害したとして、両社を訴えた。

 AppleとBroadcomはこれまで特許侵害を否定してきた。BroadcomはApple製モバイル機器に組み込まれているチップの主要なサプライヤーだが、Appleは裁判で、同社は部品を購入した側であって「間接的な下流の関係者」だとして、特許侵害にはまったく無関係だと主張した。

 両社はいずれも控訴する意向だ。Appleはコメントを避けたが、Broadcomは「評決の事実に関する法的根拠に同意できない」と述べている。

 カリフォルニア工科大学は、評決に満足していると述べた。広報担当者はReutersの取材に対して、同大学は「人間の知識の拡大、および教育と一体化した研究を通じた社会への貢献という使命を推進するため、知的財産の保護に全力で取り組んでいる」という。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

最終更新:1/31(金) 11:45
CNET Japan

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ