ここから本文です

渡辺明棋王、8連覇に向け貫禄のスタート 新鋭・本田奎五段に先勝/将棋・棋王戦五番勝負

2/1(土) 17:50配信

AbemaTIMES

 将棋の棋王戦五番勝負第1局が2月1日に行われ、渡辺明棋王(王将、棋聖、35)が本田奎五段(22)に95手で勝利し、同タイトル8連覇に向け幸先のいいスタートを切った。

【映像】渡辺明棋王、8連覇へ好スタート

 2012年度の初めて棋王位を獲得してから、一度も手放さず7連覇を達成している渡辺棋王が、初参加で挑戦権獲得という偉業を達成した新鋭・本田五段を迎え撃つ同シリーズ。注目された初手合は相矢倉から進行すると、渡辺棋王が中盤から終盤に入るところで一気に勝負をかけて優勢、さらには勝勢に。タイトル3つに、今年度の勝率も8割近くと、現役最強の声もあがるトップ棋士が、貫禄の勝利を手にした。

 対局後、渡辺三冠は「(矢倉は)予定にはありました。本譜みたいな展開は指したことがないので、午前中から長考になりました」と出だしを振り返ると、先勝したことには「まだ始まったばかりなので、また2週間後に向かって調整していければなと思います」と語った。またタイトル戦初登場の本田五段は「仕掛けられたのが、既にまずいのか、どこからまずいのかわからなかったです。自分が2分ぐらいで指したものが、もうちょっとかかっていた」と、独特の緊張感を口にしていた。

 第2局は2月16日、本田五段の先手で行われる。

最終更新:2/1(土) 17:50
AbemaTIMES

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事