ここから本文です

“師匠”ジャンボから“弟子”原英莉花へ期待の言葉 「強いゴルファーを目指してもらいたい」

2/2(日) 12:00配信

ゴルフ情報ALBA.Net

2月1日(土)、千葉県のゴルフ練習場、アコーディア・ガーデン千葉北で「ジャンボ尾崎ジュニアレッスン会 supported by ISPS」が行われた。ジャンボ尾崎ゴルフアカデミーのセレクションも兼ねたレッスン会には、32人のジュニア選手が参加。ジャンボこと尾崎将司のほか、尾崎健夫、原英莉花ら9人のプロが、手とり足とり指導にあたった。

これが“ジャンボ直伝” 原英莉花のドライバースイング【連続写真】

その会の終了後には、“師匠”が“弟子”への期待を語る一幕もあった。報道陣から、原の活躍ぶりについて聞かれたジャンボは、「去年はまあまあ、そこそこ。今年一皮むけるように」と、まずはゲキを飛ばす。続けて、「強いゴルファーを目指してもらいたい。優勝争いを数多くできるように」とその思いを語った。

この「強い選手」とは、優勝回数の数を言っているわけではない。「結果はともかく優勝争いを。いい時と悪い時に差があるようではダメだな」。安定して、コンスタントな成績を残す選手に育つことが、ジャンボが原に期待することだ。

これを聞いた原は、「強くなるためには自信がないと。しっかりと自分を見極めながら、勝負できる態勢を作りたいです」と応える。昨年は6月の「リゾートトラストレディス」で初優勝。しかし「崩れた部分があった」と終盤になり予選落ちも目立つようになるなど、苦しい時間も過ごした。「そういうミスを今年は絶対にしないよう心掛けたい」。ジャンボの期待は、本人も強く意識するところだ。

このオフも例年通り、「ジャンボ邸にお邪魔させてもらっている」と師匠のアドバイスも受けながら、新たなシーズンに向けフィジカル面、技術面の強化に励んだ。「右手の使い方に違和感があった」という原からの相談に対し、トレーニングや素振りなどを通じジャンボが指導するなど、ツアーの中心選手へと成長した今もその関係が変わることはない。

“ジャンボ尾崎”という存在を、原は「正しいところに導いてくれた道しるべ」と表現した。「もともと振ることは好きだったけど、球にパワーを伝えることができなかった」というジュニア選手は、今では男子顔負けの豪快なショットを武器に戦うトッププロへと成長した。そこに至るまでに師匠が果たした役割は、やはり大きい。“師匠の期待”と“弟子の信頼”。それが垣間見える一日となった。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

最終更新:2/2(日) 12:00
ゴルフ情報ALBA.Net

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ