ここから本文です

【新日本キック】勝次がダウン奪われロンペットに完封負け

2/2(日) 22:12配信

イーファイト

新日本キックボクシング協会
『MAGNUM52』
2020年2月2日(日)東京・後楽園ホール

【フォト】ロンペットの左フックに勝次が崩れ落ちる

▼第11試合 62.5kg 契約 3分5R
●勝次(WKBAスーパーライト級王者/藤本ジム)
判定0-3 ※三者とも45-50
○ロンペットY’Z D GYM(タイ)

 昨年12月の試合で丹羽圭介との壮絶な打ち合いを制した勝次が、打倒ムエタイ路線へ。当時WMC日本王者の伊東伴恭をKOしたロンペットとの一戦を迎える。2020年最初の新日本興行のメインイベンターとして「しっかり仕事をして、KOで興行を締めくくる」との宣言通りの勝利を目指す。

 直線的なパンチで前進した勝次に合わせたロンペットの左ハイで会場がどよめく。圧力を強めるロンペットは強い左ロー、左ミドルをヒット。勝次の前進に合わせたカウンターの左フックがなんども勝次の顔面をとらえる。

 ガードの上からお構いなしに放つロンペットの左ハイを受け、勝次がバランスを崩しロープヘ。防戦一方となった勝次だが、カウンターで放った飛びヒザを受けたロンペットがコーナーに後退し、一気にパンチ連打を浴びせる。しかしロンペットは再び左ハイ、ミドルで勝次を後退させる。勝次は左ジャブ、右ローをコツコツと積み重ねていく。

 3Rもロンペットの圧力に後退する勝次。時折右ミドルを返すも、ロンペットの前進は止まらず勝次の右腕の上に右ハイ、右ミドルを打ち込む。フェイントで入れる左ボディストレートもよくあたり、勝次の体がくの字に折れるシーンも。

 ロンペットの左ハイに合わせ勝次の左フックがヒット。飛びヒザから首相撲の展開になると一進一退、ロンペットの表情から笑みが消える。離れると左ハイが飛んでくる中、勝次は距離を詰めヒザを突き上げるが、ロンペットもヒザで応戦。

 5R、ワンツーからローと小さなコンビネーションで距離を詰める勝次。ロンペットは左ハイで突き放し、前進する勝次へ左ボディストレートを打ち込む。至近距離に活路を見出す勝次が前に出るが、ロンペットに左フックを合わせられ、カウンターとなり勝次はヨロヨロとダウンを喫してしまう。
 逆転を狙い前に出るが、距離ができるとロンペットの左ハイで振り出しに戻される。最後は組まれたままコーナーに詰められ、ヒザを突き上げられる中、終了のゴングが鳴り響いた。

 判定は三者が大差をつけるロンペットの完勝。伊東伴恭に続き勝次を撃破、ロンペットがムエタイの底力を見せつけ、連続王者食いを果たした。

最終更新:2/2(日) 22:12
イーファイト

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事