ここから本文です

専門家に訊く~新型コロナウイルスの予防に必要なこと

2/3(月) 17:40配信

ニッポン放送

ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(2月3日放送)にジャーナリストの須田慎一郎が出演。川崎市健康安全研究所所長の岡部信彦を電話ゲストに迎え、新型コロナウイルスの最新情報について訊いた。飯田浩司が休みのため新行市佳が進行を務めた。

新型肺炎~湖北省からの外国人入国拒否

WHOが新型コロナウイルスによる肺炎に対して緊急事態宣言を出したことを受け、日本政府は1日から入管難民法に基づいて、日本に入国する直前の2週間以内に湖北省に滞在歴がある外国人、そして滞在歴に関わらず、湖北省発行の中国旅券所持者も入国を拒否し、水際対策を強化している。

新行)世界62ヵ国で中国からの渡航者に対し、何らかの入国制限措置を導入しています。現在、日本国内の感染者数は20人で、週末には千葉県内のバスガイドの感染者が、奈良県の男性バス運転手から三次感染した可能性があることもわかりました。今朝はWHOの緊急事態宣言や国としての対策、そして個人の対策などを専門家に伺ってまいります。WHOや国立感染症研究所感染症情報センターを経て、感染症や公衆衛生を専門にしている医師で、川崎市健康安全研究所所長の岡部信彦さんです。

須田)日本時間1月31日に、WHOが緊急事態宣言を出しました。これについては、何が最終的な決め手になったのでしょうか?

WHOの緊急事態宣言のタイミングは妥当であった

岡部)延期を1回しているわけですけれども、その時点では情報が不足しているということでした。科学的な判断をするためには一定の情報が必要なので、それを促そうという意味があったのではないでしょうか。

須田)タイミングが遅かったということはありませんか?

岡部)病気の軽重や広がり具合などを見て、あまり早く判断すると相当、混乱を招いたのではないでしょうか。現実にいまパニックに近い状態になっていますので、あまり早く出したくないという気持ちもあったと思います。あのときの「いま決断しない」ということは、妥当だなと思いました。

須田)この宣言に関して、WHOのテドロス事務局長は「感染封じ込めに非凡な手段を使った中国政府は、称賛されてしかるべきだ」と記者会見で中国に賛辞を贈りましたが、私は聞いていて強い違和感を持ちました。中国の対応は、その通りに受け取っていいものなのでしょうか?

岡部)メッセージの出し方はいろいろあるとは思うのですけれども、少なくともウイルスの情報を早く公開したのは素晴らしいことだと思います。そのお陰で患者さんのいない日本でも、例えばタイや韓国でもすぐに診断ができるようになったことは、いままでの科学より進歩しています。公開するというところでは称賛に価すると思います。ただそこから後の、疫学的な情報が非常に遅かった。

須田)疫学的な情報とは、どういうことでしょうか?

岡部)患者さんの年齢・性別や、どういう状態の方か、重いのか軽いのか。そういった情報が入って来ると、私たちとしては助かるのです。

須田)専門家の方から見て、非常に有益な情報だということですね。

岡部)はい。それによって対応が変わりますので。

1/3ページ

最終更新:2/17(月) 11:42
ニッポン放送

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事