ここから本文です

健康長寿社会へ群馬県が有識者会議

2/4(火) 7:55配信

産経新聞

 県は3日、健康長寿社会の実現に向けて議論する有識者会議を設置し、高崎市内で初会合を開いた。計2回の会合を経て、3月に政策ビジョンを提案する。

 元厚生労働副大臣の武見敬三参院議員が座長を務め、県内外から社会予防医学や栄養学などを専門とする10人が参加。高齢になっても健康で生き生きと暮らせる社会を実現するための施策などについて論議する。

 初会合では、各専門家から意見が出され、高齢者が体力低下により介護が必要になる前段階の「フレイル」を予防することが重要だとの提案もあった。次回は3月23日の予定。

最終更新:2/4(火) 7:55
産経新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事