ここから本文です

遅れてきた冬将軍 水木に最強寒気襲来 大雪・極寒に

2/3(月) 17:56配信

tenki.jp

これまでのポカポカ陽気から一転、5日(水)から6日(木)にかけて遅れてきた冬将軍が日本列島に襲来してきます。大雪や極寒に注意が必要です。

ポカポカ陽気から一転 遅れてきた冬将軍襲来

明日4日は立春。暦の上では春になります。今日3日は各地ポカポカ陽気となり、東京の最高気温は15.2℃と3月下旬並みの陽気になりました。

今年の冬は暖かい日が多く、例年に比べて比較的過ごしやすかったのではないでしょうか。
このまま暖かい春を迎えるのか、と思ってしまいそうですが、なんと5日(水)から6日(木)にかけて遅れてきた冬将軍が日本列島に襲来してきます。しかも数年に一度レベルの強さです。

今シーズン一番の寒気 数年に一度レベルの強さ

明後日5日(水)から6日(木)にかけて冬型の気圧配置が強まり、6日(木)には上空1500メートル付近でマイナス18℃以下の寒気が東北北部まで南下する予想です。これは今シーズンで最も強い寒気だけでなく、数年に一度レベルの強さです。
北日本や東日本の日本海側では大雪になる可能性があります。

さらに、平地で雪が降る目安になるマイナス6℃以下の寒気も、本州の南まで南下する見通しです。全国的にかなり寒くなるでしょう。

北日本や日本海側は大雪 太平洋側は晴れても極寒

この先の天気を見てみると、週末まで北日本や北陸地方では雪が降る予想です。大雪になる可能性あります。
今シーズンあまり降らなかった地域でも一気に雪が積もる可能性があります。交通機関の影響に十分にご注意ください。
また、西日本の北部などの日本海側でも積雪の可能性があります。最新の情報をこまめにご確認ください。

晴れる太平洋側でも、かなり冷たい北風が吹く予想です。特に7日(金)は東京都心でも氷点下になる予想で、今シーズン最も冷え込みそうです。
体調管理に十分にお気を付けください。

日本気象協会 本社 安齊 理沙

最終更新:2/4(火) 12:08
tenki.jp

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事