ここから本文です

神田明神の豆まきに神取忍とDDTタッグ王者の上野勇希&吉村直巳が参加!「今年は幸先がいい」

2/3(月) 19:09配信

バトル・ニュース

 3日、東京・千代田区の神田明神にて行われた『節分祭豆まき式』に、LLPW-Xの神取忍とDDTプロレスのタッグ王者組である“ノーチラス”上野勇希&吉村直巳が出席し豆まきを行った。

 昨年の10月には神田明神の境内にて『LLPW-X女子プロレス 神社めぐり 第1弾LLPW-X勇気まつり』が開催され、和太鼓やよさこいなど日本の文化とプロレスの融合を神取が行っていた。
 DDTは昨年神田明神の近くに道場を移転。タッグ王者として今一番勢いがある上野と吉村が同行事に参加することとなった。

 壇上には他にもアントキの猪木などモノマネ芸人も登壇しており、アニマル浜口のモノマネをして登場したよしえつねおが「気合だー!」10連発を行うと、吉村が気合を入れるため強烈なチョップをよしえに叩き込み境内が沸く。
 一気に人気となったプロレスラーチームが、子どもたちにせがまれながら豆をまいた。

 神取は「今年は幸先がいいね。豆まきもできてありがたく嬉しいです。前回も好評だったし今年も神田明神の境内でプロレス絶対やりたいよね。こういうことを続けて全国にプロレスが違った意味で日本の文化として広まって行けばいいなと思います」とコメント。

 上野は「タッグタイトルを獲ったということで呼んでいただいて、皆さんに福を入れた豆まきができたんじゃないかと思います。このベルトにも我々ノーチラスの運気しかないんで、鬼は元々僕たちには近づいてこないテンションなんですけど、より運まで積んでますんで落とすことないですね。今年いちハッピーな人間としてご加護付きのチョップも直己が行ったんで」とコメントし、吉村は「あれで邪気を祓いました。(DDT王座に挑戦できる)いつでもどこでも挑戦権もあるんで、さいたまスーパーアリーナ大会で王座に挑戦できるかっこいい刀も手に入れて、盾と剣とベルトを持ってKO-D王座に挑戦したい」と、6月7日にさいたまスーパーアリーナで行われるDDTプロレスのメインイベントを狙うべく気合を入れた。

最終更新:2/3(月) 19:09
バトル・ニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ