ここから本文です

シルクロードS上位馬を「ハマっただけ」で片付けてはいけない【シルクロードS回顧】

2/3(月) 14:42配信

優馬

競馬専門紙「優馬」佐藤直文のレース回顧

 テンの3ハロンが33秒8というラップは今の京都の馬場を考えれば速めかもしれないが、逃げた馬も2番手の馬も掲示板に残ったことを考えれば、そこまで速くはなかった。結果的に差し・追込勢が上位3着までを占めたが、単に展開を味方に付けてハマっただけ、と片付けてはいけないだろう。

 アウィルアウェイは、道中は後方でジックリと脚を溜め、4コーナーでスムーズに馬群を捌いて外目へ持ち出されると、55キロのハンデを課せられた4歳牝馬とは思えぬ鋭い伸びを見せて前を捉え切った。進路取りや追い出しのタイミングも含めて、川田騎手の巧さも光ったと言えよう。時計勝負には実績がない馬だが、高松宮記念でも今日のような時計のかかる馬場であればチャンスはあるはずだ。

 2着エイティーンガールは、勝ち馬の直後のポジションから、これまた直線で巧く馬群を捌いて持ち味を生かし切ったもの。これまた4歳牝馬で、勝ち馬同様に少し時計のかかる馬場が合うタイプだろう。

 3着ナランフレグは、4コーナーで最後方から大外を回って追い込んだもの。もう少し丁寧に乗られていたら、とも思えたが、今の京都では不利な外目の枠だったことを考えれば仕方のない面もあったか。いずれにせよ、重賞でもやれる力は示したと言える。

 4着モズスーパーフレアは、もともとが今日のような重い馬場は向かない馬であり、それを考えればよく粘ったと言える。あくまで速い時計の出る馬場でこその馬だ。

 5着セイウンコウセイは、58キロのトップハンデでこれだけ走れるのは年齢的な衰えがないということ。昨年2着の高松宮記念でもノーマークにはできないだろう。

 レッドアンシェルは、直線半ばで異変を感じたジョッキーが追うのを止めてのシンガリ負け。無事を祈りたいところだ。

最終更新:2/3(月) 14:42
優馬

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ