ここから本文です

北陸・北日本は雨や雪 雷にも注意 そのほかは晴れて3月並みの気温に

2/3(月) 5:27配信

ウェザーマップ

 きょう3日(月)は北陸や北日本では雨や雪となり、雷を伴う所もありそうだ。そのほかは晴れ間の出る所が多く、気温が上がる見込み。きょうは「節分」で暦の上では冬の最後の日となるが、広い範囲で3月並みの暖かさとなりそうだ。

北陸・東北の日本海側は大気不安定

 今夜にかけては日本付近を寒冷前線が通過するため、北陸や東北の日本海側では昼前から雨が降り出してくる。
 この前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込み、大気の状態が不安定になるため、雷を伴う所がありそうだ。落雷や突風、ひょうなどに注意が必要となる。
 また、夜遅くなると次第に雨が雪に変わる見通し。

北海道はあすにかけて降雪強まる

 北海道も日本海側から天気が崩れ、午後には広い範囲で雪となりそうだ。特に夜からは寒気が強まるため、あすにかけて大雪になるおそれがある。
 また、風も強まるため、ふぶきや大雪による交通障害などに注意が必要だ。

気温は広く3月並み

 そのほかは晴れ間の出る所が多くなりそうだ。
 日中の気温は北海道ではきのうより低い所が多いものの、そのほかはきのうと同じくらいか、それより高く、広く3月並みの気温となる見通し。
(気象予報士・多胡安那)

最終更新:2/3(月) 5:27
ウェザーマップ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事