ここから本文です

「島の“風景”に…」B2香川ファイブアローズ 小豆島で3度目のホームゲーム

2/3(月) 16:35配信

KSB瀬戸内海放送

 プロバスケットボールB2の香川ファイブアローズは小豆島でホームゲームを行いました。島民一丸となって盛り上げてきた試合は今回で3回目。島の「風景」として定着してきたようです。

(記者)
「試合を盛り上げる小豆島チアーズの子どもたち。1年に1度の晴れ舞台。この日のために練習を重ねてきました」

(小豆島チアーズを指導 サニーアークス/レイヤさん)
「ここを目指して頑張ってきてるので、1年に1度。やっぱり試合の近くになると、レッスンのときから表情も違います」

 ファイブアローズのオフィシャルチアダンスチーム「サニーアークス」のメンバーが講師を務める小豆島チアーズ。結成当時からのメンバー、6年生の3人は小学生クラスでの参加は今回が最後になります。

(小豆島チアーズ/泉咲花さん[6年])
「緊張してるんですけど、観客の人たちを笑顔にできるように、間違えないようにしっかり頑張りたい」

(小豆島チアーズ/赤松美空さん[6年])
「子どもクラス(での参加)が今回で最後なので、しっかりと頑張りたいです」

(小豆島チアーズ/林千世さん[6年])
「かっこいい踊りで、みんなを楽しませられたらいいと思います」

 そして、小豆島開催の代名詞となっているのが充実した飲食ブース。今回も15の店や団体が出店し、島が誇るグルメに行列ができていました。

(出店した飲食店はー)
「グルメを楽しみたいって方もいらっしゃるので、そういう方に小豆島の食材の話をしながら提供できるってのはすごく楽しくやらせていただいてます」(小豆島ぎょうざなど販売)
「売ってるほうも楽しいです。お客さんが楽しそうなので冬でこれだけ盛り上がることって、島内であんまりないので」(クラフトビールを販売)

 対戦相手は、現在、中地区2位の西宮ストークス。2月1日の第1戦は、ファイブアローズが僅差で勝利し(89対84)、2日の第2戦も、序盤から一進一退の攻防が続きます。

1/2ページ

最終更新:2/3(月) 19:30
KSB瀬戸内海放送

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事