ここから本文です

10日間で建設の新病院、中国軍に引き渡し 新病院の内部映像

2/3(月) 16:25配信

AFPBB News

(c)AFPBB News

【2月3日 AFP】新型コロナウイルスの流行の中心地となっている中国中部・湖北(Hubei)省の省都・武漢(Wuhan)で2日、わずか10日間で建設が進められていた仮設病院が完成に近付き、中国軍に管轄権が引き渡された。

 国営メディアによると、「火神山(Fire God Mountain)」と名付けられた病院は、着工からわずか10日後の3日に患者を受け入れ始める。ベッド数1000床で、軍の衛生要員約1400人が患者の治療に当たるという。

 国営・新華社(Xinhua)通信は、スタッフの多くが2002~03年に中国本土と香港で650人近い死者を出した重症急性呼吸器症候群(SARS)の防疫に携わったことがあると伝えている。

 この病院は、武漢市内の医療施設が患者たちであふれた状況を緩和するために当局が建設を決定した仮設病院のうちの一つ。

 人口1100万人の武漢市は1週間超にわたって封鎖状態に置かれており、医師の診察を受けるために長時間待たなければならない状況に人々は不満を募らせていた。

 映像前半は「火神山」と名付けられた新病院の内部の様子。後半は2か所目の病院の建設様子を撮影したタイムラプス映像。国営中国中央テレビ(CCTV)が2日撮影・提供。(c)AFPBB News

最終更新:2/3(月) 16:25
AFPBB News

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ