ここから本文です

キムタクが初恋は小学生時「のび太と同い年くらいの時の同級生。思いを伝えたのび太はすごい」

2/3(月) 16:00配信

中日スポーツ

 俳優の木村拓哉(47)が3日、東京都内で、ゲスト声優として出演する「映画ドラえもん のび太の新恐竜」(今井一暁監督、3月6日公開)の公開アフレコ収録を行った。

【写真】映画「寝ても覚めても」東出昌大&唐田えりか笑顔の初日あいさつ

 今年は「ドラえもん」の誕生50周年で、今作は劇場版40作目という節目の作品。6600万年前の白亜紀を舞台に、のび太が双子の恐竜キューとミューに出会い、大冒険を繰り広げる。木村はのび太たちの運命のカギを握る重要なキャラクターである、猿の姿をした謎の男・ジルを演じる。

 木村がアニメ映画で声優を演じるのは、04年の「ハウルの動く城」、10年の「REDLINE」に続き3作目。公開アフレコは初めてとなったが、魅力的な低音ボイスで貫禄たっぷりに役を演じた。役作りのポイントを聞かれた木村は「監督から『初めて見た人に、この人悪いんだな、という印象を与えてください』とディレクションしてもらいました」と説明した。

 アフレコを終えるとドラえもんが登場。「僕と1日一緒に過ごすなら」と聞かれると、「『どこでもドア』でいろんなところに一緒に行ってもらいたい」と笑顔を見せた。

 “しずかちゃんから預かった”という質問には「木村さんの初恋のお話を聞きたい」。すると木村は「多分、のび太と同い年くらいの時の同級生だった」と明かし、「のび太は、しずかちゃんへの思いをちゃんと伝えている。その点に関しては、僕はその時は相手に気持ちを伝えなかったから、のび太はすごいと思う」と男らしさを絶賛した。

最終更新:2/4(火) 21:27
中日スポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事