ここから本文です

日本マイクロソフト、「GIGAスクールパッケージ」を提供開始

2/4(火) 17:00配信

アスキー

日本マイクロソフトは文部科学省「GIGAスクール構想」に対応した「GIGAスクールパッケージ」を提供開始した。デバイスメーカーの「GIGAスクール対応PC」とともに1人1台端末の実現を目指す。

 日本マイクロソフトは2月4日、「GIGAスクールパッケージ」の提供を開始した。
 
 GIGAスクールパッケージは2019年12月に文部科学省が発表した「GIGAスクール構想」に対応する新しい教育機関向けソリューション。学習者用端末などの標準仕様に適合した8社17機種の「GIGAスクール対応PC」や、マイクロソフトのクラウドサービスなどと連携して提供する。
 
 GIGAスクール構想は、子供ひとりひとりに個別最適化さた教育ICT環境の実現に向け、1人1台端末環境と高速大容量の通信ネットワーク、パブリッククラウドなどを一体的に整備する構想。
 
 日本マイクロソフトでは、これまでにも教育機関向けのクラウドソリューションやPCなどをパートナー企業と連携して提供するとともに、ICTを活用した授業を円滑に行なうための研修などにより、子供の学び方や先生の教え方、学校での働き方といった変革を支援している。
 
 GIGAスクールパッケージでは、WindowsとOffice 365をGIGAスクール構想に対応した特別な低価格で日本の初等中等教育機関様に戦略的に提供。デバイスパートナーから提供されるGIGAスクール対応PCに加え、GIGAスクール構想に対応した教育プラットフォームや管理設定ツールMDMによる大規模な端末展開とアカウント管理手法の提供、教員研修の無償提供、「教育情報セキュリティポリシーに関するガイドライン」に対応可能なクラウド環境の提案・展開で構成される。
 

文● ASCII

最終更新:2/4(火) 17:00
アスキー

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事