ここから本文です

NY株反発、143ドル高 値ごろ感で買い

2/4(火) 6:55配信

共同通信

 【ニューヨーク共同】週明け3日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は反発し、前週末比143.78ドル高の2万8399.81ドルで取引を終えた。値ごろ感が出た銘柄に買いが入り相場全体を押し上げた。ハイテク株主体のナスダック総合指数は122.46ポイント高の9273.40。

 中国人民銀行(中央銀行)が新型コロナウイルスによる肺炎拡大に伴う市場混乱の沈静化に動き、株式市場では投資家の懸念がやや後退。米製造業の1月の景況指数が市場予想を上回ったことも好感され、ダウ平均の上げ幅は一時370ドルを超えた。

 銘柄別では、ナイキやマイクロソフトが買われた。

最終更新:2/4(火) 7:06
共同通信

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事