ここから本文です

日ハム近藤健介は“鬼に金棒” 小笠原コーチ加入で長打力に磨き

2/4(火) 11:37配信

日刊ゲンダイDIGITAL

 全体練習終了後、連日、居残りでロングティーに取り組んでいるのが日本ハムの近藤健介(26)。写真は3日、ランニングシャツ姿で1時間、バットを振り込んだ際のひとコマだ。

 打球に下半身の力を伝えるフォームを意識、バットの軌道や打球の回転を確認しながら汗を流しているという。

 アマ時代は同じ左打ちの捕手、プロ入り後にコンバートされた小笠原ヘッド兼打撃コーチが今季チームに加入。その小笠原ヘッドからは積極的に助言をもらうつもりだという。

「いろいろと試しながらやっている。去年の感覚とかではなくね」とは練習後の本人だ。

 ここ2年続けて3割を打ち、昨季はパの最高出塁率(.422)をマークした。

 技術に加えて選球眼もよいことで知られる強打者に、小笠原コーチ仕込みの長打力が加われば怖いものなし――。

最終更新:2/4(火) 11:37
日刊ゲンダイDIGITAL

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ