ここから本文です

日本交通とDeNA、タクシー配車事業を統合 「JapanTaxi」の共同筆頭株主に

2/4(火) 16:52配信

ITmedia NEWS

 日本交通ホールディングス(HD)とディー・エヌ・エー(DeNA)は2月4日、両社のタクシー配車アプリの事業を統合すると発表した。4月1日をめどに、日本交通HD子会社のJapanTaxiが運営する「JapanTaxi」と、DeNAが運営する「MOV」を一本化する。統合後は、日本交通HDとDeNAがJapanTaxiの筆頭株主になる予定(株主比率は共に38.17%)。

 統合後、JapanTaxiは社名を変更し、日本交通HDの川鍋一朗代表取締役が会長、DeNAの中島宏常務執行役員(オートモーティブ事業本部長)が社長に就任するという。

 2月現在、JapanTaxiは全国909のタクシー事業者と提携し、6万台以上の車両を配車する体制を整えている。一方、DeNAは、東京・神奈川・京阪神エリアでのみサービスを提供。対象地域は限られているが、AIなどの技術面で強みがある。

 双方のノウハウを組み合わせ、「ユーザーの利便性を高める新しいサービスの開発を共同で推進していく」(両社)という。統合後、配車可能な車両は約10万台に上るとしている。

ITmedia NEWS

最終更新:2/4(火) 16:52
ITmedia NEWS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ