ここから本文です

太陽光電気、買い取り値下げ 20年度、パネル価格の下落反映

2/4(火) 18:07配信

共同通信

 経済産業省の再生可能エネルギーに関する有識者委員会は4日、2020年度の固定価格買い取り制度の単価を決定した。事業用太陽光は出力に応じて1キロワット時当たり12円か13円、住宅用太陽光は21円とし、19年度から1~5円引き下げる。太陽光パネルの価格下落などを反映した。

 買い取りの原資は電気料金に上乗せして回収しており、価格の下落は企業や家庭の負担抑制につながる。半面、電気を売る企業や家庭は喜べない。しかも、20年度の価格は電気料金を下回る水準で、売電するよりも自家消費した方が得になる。投資の魅力が薄れ、再生エネの導入が停滞する可能性もある。

最終更新:2/4(火) 18:18
共同通信

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事