ここから本文です

TCLがBlackberry端末の製造・販売を終了へ、2020年8月に

2/4(火) 17:10配信

Impress Watch

 BlackBerryは、TCLコミュニケーションによる端末の製造、販売が2020年8月31日をもって終了すると公式Twitterで発表した。

 2016年9月、BlackBerryはハードウェア製造からの撤退を表明。同年12月にはTCLコミュニケーションとライセンス契約を結び、TCLがBlackberryブランドとして端末の製造、販売、カスタマーサポートを提供している。日本でもSIMフリーAndroidスマートフォンの「BlackBerry KEYone」「BlackBerry KEY2」などを販売してきた。

 公式Twitterの発表によると、2022年8月31日までは製品サポートは続けるという。

 TCLコミュニケーションは、かつて日本でALCATELブランドでスマートフォンを展開していた。2019年9月のIFAで、初の自社ブランドスマートフォン「TCL PLEX」を発表し、12月には日本で販売を開始している。

ケータイ Watch,石井 孝幸

最終更新:2/4(火) 17:22
Impress Watch

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事