ここから本文です

パティ・スミス、イギー・ポップとの共作で知られるギタリスト、アイヴァン・クラール、死去

2/4(火) 10:22配信

BARKS

70年代後半、パティ・スミスのギタリストを担い、パティ・スミス・グループの初期のアルバム4枚の制作に参加したアイヴァン・クラールが2月2日、71歳で亡くなった。死因は明かされていない。

◆アイヴァン・クラール画像

チェコ(当時はチェコスロバキア)出身のクラールは10代のときに家族とアメリカへ移住し、70年代初めにニューヨークで音楽活動をスタート。短期間、デビュー前のブロンディに在籍後、パティ・スミスと出会い、のちにU2らもカヴァーした「Dancing Barefoot」などを共作した。

その後は、イギー・ポップのアルバム『Soldier』(1980年)、『Party』(1981年)の制作に参加したほか、ジョン・ケイルらと共作。チェコスロバキアが民主化してからは祖国に戻り、同国の音楽シーンに貢献し、ソロの作品も多く発表してきた。

イギー・ポップは「親愛なるイヴァン 安らかに、ブラザー。君は素晴らしいギタリスト/ライターで、ハンサムで真のロック信奉者で、僕とチェコ共和国に対する評価を高めてくれた。神のご加護を」と追悼の言葉を寄せている。

合掌。

Ako Suzuki

最終更新:2/4(火) 10:22
BARKS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ