ここから本文です

KAAT神奈川芸術劇場、2020年度ラインナップ発表

2/4(火) 16:44配信

オリコン

 舞台、ダンス、アトリエなどの芸術を創造するために2011年に開設されたKAAT神奈川芸術劇場が4日、横浜市内の同劇場で『2020年度ラインナップ』発表会を行った。

【写真】2020年度KAAT神奈川芸術劇場 10周年の記念ロゴ

 同劇場の芸術監督を務める白井晃は「力を込めて考えたプログラムになっています。充実したラインナップを作れたと自負しています」と胸を張る。会見にはそのほか、各企画、作品を手掛ける小野寺修二、桐山知也、清水恒輔、多田淳之介、谷賢一、冨安由真、松原俊太郎、森山開次、長塚圭史らが出席した。

■KAAT神奈川芸術劇場の主な2020年度ラインナップ

『アーリントン〔ラブ・ストーリー〕』(4月11日~5月3日)
作:エンダ・ウォルシュ、翻訳:小宮山智津子、演出:白井晃
出演:南沢奈央、平埜生成、入手杏奈

アーリントン連動企画『メトロポリス 伴奏付上映会 ver.2020』(4月18日・19日)
作編曲・演奏:阿部海太郎、生駒祐子、清水恒輔、装置:巽勇太

アーリントン連動企画『リーディング公演「ポルノグラフィ」』(4月25日・26日・29日)
作:サイモン・スティーヴンス、翻訳:小田島創志、演出:桐山知也
出演:上田桃子、小川ゲン、小久保寿人、那須凜、平原慎太郎、堀部圭亮ほか

KAAT EXHIBITION 2020『冨安由真展|漂泊する幻影』(6月1日~7月5日 ※木曜日休場)

『未練の幽霊と怪物』(6月3日~24日)
作・演出:岡田利規、音楽監督・演奏:内橋和久
出演:森山未來、片桐はいり、栗原類、石橋静河、太田信吾、七尾旅人

KAATキッズ・プログラム2020『二分間の冒険』(7月)
原作:岡田淳、上演台本・演出:山本卓卓、アニメーション:ひらのりょう、音楽:加藤訓子
出演:百瀬朔、佐野瑞稀、下川恭平、亀上空花、小林那優、埜本幸良、青山勝、犬山イヌコ

KAATキッズ・プログラム2020『さいごの1つ前』(8月)
作・演出:松井周、出演:白石加代子、久保井研、薬丸翔、湯川ひな

『〈NOVA〉』(9月3日~6日)
演出:ロベール・ルパージュ、出演:鼓童

音楽劇『銀河鉄道の夜』(9月~10月)
原作:宮沢賢治、脚本:能祖將夫、音楽監督:中西俊博、舞台美術:小竹信節
歌:さねよしいさ子、演出:白井晃

『君の庭』(10月)
作:松原俊太郎、演出:三浦基

『谷賢一 新作「人類史(仮)」』(10月)
台本・演出:谷賢一

KAAT DANCE SERIES 2020『星の王子さま -サン=テグジュペリからの手紙-』(11月中旬)
原作:アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリ、振付・演出・出演:森山開次、美術:日比野克彦、衣裳:ひびのこづえ、音楽:阿部海太郎
出演:アオイヤマダ、小尻健太、坂本美雨、酒井はな、島地保武、大宮大奨、宮河愛一郎、水島晃太郎、池田美佳、碓井菜央、梶田留以、引間文佳

KAAT DANCE SERIES 2020『小野寺修二 新作』(11月)
演出・振付:小野寺修二

『杉原邦生 新作』(12月)
作:瀬戸山美咲、演出:杉原邦生

日韓共同製作『外地の三人姉妹(仮)』(12月)
原作:アントン・チェーホフ、翻案・脚本:ソン・ギウン
ドラマトゥルク:イ・ホン、翻訳:石川樹里、演出:多田淳之介

『セールスマンの死』(2021年1月)
作:アーサー・ミラー、翻訳:徐賀世子、演出:長塚圭史
出演:風間杜夫、片平なぎさ、山内圭哉、菅原永二、加藤啓、智順ちすん、大谷亮介、村田雄浩ほか

『コーカサスの白墨の輪』(2021年1月)
作:ベルトルト・ブレヒト、演出:白井晃

『子午線の祀り』(2021年2月)
作:木下順二、演出:野村萬斎、音楽:武満徹

最終更新:2/4(火) 16:58
オリコン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事