ここから本文です

安元洋貴&江口拓也、“食レポ”で仁義なき戦い 来週はついに斉藤壮馬ゲスト回

2/4(火) 17:12配信

オリコン

 声優の安元洋貴、江口拓也が3日放送のAbemaTVの声優バラエティー番組『声優と夜あそび』(月~金 後10:00)に出演。放送の最後に声優・斉藤壮馬の来週ゲスト出演が発表され、以前から出演を待ち望んでいた2人は喜びの表情を見せた。

【写真】2月10日放送回のゲストは斉藤壮馬

 今回は、新コーナー「NGワード食レポ」を実施。内緒で設定した「3つのNGワード」を言わないよう食レポするというルールで、ワードを設定した側は 2つNGワードを言わせることができれば勝ち、食レポする側は言ってしまうと負け。お互いの心の内を読み合う、心理戦を楽しむゲームだ。

 まずは江口が食レポ側に。安元は、あえて味や食感の表現ではなく「やばっ」「えっ?」「ねぇー」といった、番組で江口がよく口にする “口グセ”をNGワードに設定。絶品シュークリームを頬張る江口に「女に例えると何?」と斜め上からの質問を投げかける。江口はとっさに「えっ?」とさっそく NG ワードをひとつ口にしてしまうが、その後は「そうとう美味しい!」など分かりやすい食レポを続け、意外にも(?)NG ワードを口にしないまま終了。安元は「放っておいたらもっと言ったかな……」と 悔しさを滲ませた。

 続いて安元が食レポ側に。江口は「ふつうに」「これは(~ですね)」「ジューシー」をNGワードに設定し「これは勝てるで!」と自信満々。ところが安元は、お題の大福を「これはほとんどカービィです」とゲームのキャラクターに例えたり、「(口の中が)ナイアガラ」「口の中に瀑布が…」と超独特な言い回しでレポートし、NGワードを口にすることなく終了。食レポのあと、安元は「“ふつうに”は口癖だから言わないようにしていた」「絶対に“ジューシー”は言わないようにしていた」とニヤリ。江口の予想を読み、鋭いセンスと語彙力で心理戦を制した。

 放送の最後では、声優・斉藤壮馬のゲスト出演が発表された。これまで斉藤の出演を“切望”していた江口と安元は、「事務所にも(斉藤)壮馬にもありがとうを伝えたい気持ちでいっぱいです」「彼はアイデアマンなので、10秒アフレコとかいいかも。食レポもいいな…」と、次の放送を楽しみにしていた。

最終更新:2/5(水) 10:04
オリコン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ