ここから本文です

日本ハム、北海道シリーズの限定ユニホームを発表 アイヌ文様をモチーフに

2/4(火) 14:20配信

サンケイスポーツ

 日本ハムは4日、札幌ドームで行う3月31日のオリックス戦から4月26日の楽天戦までのホーム15試合を「北海道シリーズ2020WE LOVE HOKKAIDO」と称して開催し、期間中に着用するアイヌ文様をモチーフにした限定ユニホームを発表した。

 限定ユニホームは両肩と背中上部、左肩から左袖の一部と左脇腹部分にかけて、北海道遺産のアイヌ文様をモチーフにしデザインが施されている。アイヌ文化復興と創造の拠点「ウポポイ」が4月24日、北海道白老町のポロト湖畔に誕生することを記念して北海道庁、公益社団法人北海道アイヌ協会、日本ハムが共同でデザインした。

 中田翔内野手(30)は「シンプルでさわやかでいいですね」とすっかりお気に入り。今季から主将を務める西川遥輝外野手(27)は「北海道のみなさんと北海道プライドを胸にやっていけたら」とファンと一体となった活躍を誓った。

最終更新:2/4(火) 17:07
サンケイスポーツ

あなたにおすすめの記事