ここから本文です

今夏のラキティッチ獲得のためすでに接触しているアトレティコ

2/4(火) 13:00配信

ムンドデポルティーボ日本語公式

 月曜日、『Cadena Ser』の番組『El Larguero』が報じたように、アトレティコ・マドリードは6月にイヴァン・ラキティッチを獲得するためすでに接触している。

 今シーズン、思ったような結果が出せていないコルチョネロは、ミッドフィールドの強化を優先目標に掲げているようだ。

 ラキティッチに関しては、2014年にバルサに加入して以来最悪のシーズンを過ごしている。本人は残留を希望していたが、クラブはオファーを拒否することなく耳を傾け続けていた。

 また明確な基準なくエルネスト・バルベルデから冷遇された件について大きな不満を感じており、レバンテ戦のあとにも「冬に退団を検討した。自分がこれまで行った行動に値しない嫌なことがあった」と述べている。このコメントは、ラキティッチのバルサでの冒険が最後の数ヶ月であることを示している。

執筆者:Javier Gascon

最終更新:2/4(火) 13:00
ムンドデポルティーボ日本語公式

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

あなたにおすすめの記事