ここから本文です

バルサ守備の不安材料 ピケがリーグ最多のイエローカード…

2/4(火) 6:50配信

SPORT.es

ジェラール・ピケは、カンプ・ノウでのレバンテ戦で10枚目のイエローカードを受けた。これは2サイクル目の5枚目のカードであるため、アウェーでの次節のベティスに出場できない。バルサの守備の中心選手がこの記録を持ってしまっている現状は、心配せざるを得ない。

バルサ監督セティエン 就任5試合目で手応え「8-2だったかもしれない」

ペドロ・マルティンによると、レバンテ戦のピケのこの10枚目のイエローカードで、今シーズン出場した27試合でピケは14枚イエローカードをもらっていることになる。この数字は、昨シーズンピケが52試合で受けた7枚のイエローカードの倍に値する。

このようにして、ピケは今シーズンのラ・リーガのイエローカードを受けた枚数のランキングに入り、アラベスのワカソ(12枚)に次ぐ、2位に位置している。ピケの出場時間は1288分であり、合計12枚のイエローカードを受けている。

現在、ワカソは中国リーグへ移籍したため、ピケはラ・リーガで最もイエローカードを受けた選手となった。

最終更新:2/4(火) 6:50
SPORT.es

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ