ここから本文です

ローソン「GOOODOG」(グーードッグ)発売、「とろけるコク旨チーズ」と「トマトオニオン ~ハラペーニョ入り~」、“ソーセージ重量4割増し”

2/4(火) 14:10配信

食品産業新聞社ニュースWEB

ローソンは2月4日、食べごたえのあるソーセージと人気のトッピングで楽しむホットドッグ「GOOODOG」(グーードッグ)シリーズ2品を、全国のローソン店舗(「ローソンストア100」除く)で発売した。「GOOODOGとろけるコク旨チーズ」「GOOODOGトマトオニオン ~ハラペーニョ入り~」の2品。価格は共に、税込298円。

「GOOODOG」は、レンジで温めて食べる商品。具材の美味しさをより楽しめるように、メイン具材であるソーセージにこだわった。現在販売中の「パリッとジューシーなホットドッグ」と比較して、ソーセージの重量を約4割増量するとともに、パンからはみ出す長さにしたことで、最初から最後までソーセージを味わえる。トッピングには、ホットドッグで人気の高い「チーズ」と「刻みオニオン」を使用している。

「GOOODOGとろけるコク旨チーズ」は、パリッとジューシーでパンからはみ出す大きさのソーセージの上から、ホワイトソース・チェダーチーズソース・モッツァレラチーズの3種類を混合したソースをトッピングした商品。コクのあるチーズソースとソーセージの組み合わせが合うという。

「GOOODOGトマトオニオン ~ハラペーニョ入り~」は、パリッとジューシーでパンからはみ出す大きさのソーセージの上から、ダイス状にカットしたトマト・オニオン・ピクルスを合わせ、味のアクセントにハラペーニョを効かせた商品。

ローソンによると、「GOOODOG」は2019年11月に東京都内30店舗で実施した実験販売の結果、20代から40代の男性を中心に好評を得たほか、現行品と比較し、夕夜間の購入比率が高かったという(Ponta会員データに基づく)。

食品産業新聞社

最終更新:2/4(火) 14:10
食品産業新聞社ニュースWEB

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ