ここから本文です

2021年「太平洋・島サミット」志摩市で開催決定 鈴木知事「オール三重」で準備進める

2/4(火) 4:25配信

中京テレビNEWS

 太平洋にある島国などを日本に招いて3年に1度開催される「太平洋・島サミット」が、2021年は三重県志摩市で開催されることが3日、発表されました。

 「太平洋・島サミット」は、太平洋の島国や地域の首脳らを3年に1度日本に招き、海洋資源の保護や温暖化による気候変動問題など、太平洋諸国が抱える問題について話し合う会議です。

 三重県は、2016年のG7伊勢志摩サミット開催地の志摩市を「太平洋・島サミット」の候補地として立候補していました。

 決定の知らせを受け、三重県の鈴木知事は「G7伊勢志摩サミットのレガシーを最大限に生かし、関係者の皆様とともに『オール三重』で万全の体制で準備を進める」と話しました。

 三重県では今後、会場の整備などの準備を進めていくとしています。

最終更新:2/4(火) 4:25
中京テレビNEWS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ